Amazonウィジェット

天気予報

  • 天気予報

    -天気予報コム-
Powered by Six Apart

« 夏の花 | メイン | 「歌舞伎 家と血と藝」 »

2013年8月16日 (金)

京都・堀川通ぶらぶら

朝から暑い暑い。にもかかわらず、京都まで。

まずは表と裏千家へ(ったって、門だけですが)。

130816_095502 130816_095601
左は裏千家、右は表千家。ここだけ静まり返っています。

その足で茶道資料館へ。こちらでは特別展「裏千家歴代展」を開催中。14・15・16代の家元好みの道具を展示しています。もちろんお茶もいただけます。残念ながらお点前は見られなかったけれど、水差しや蓋置がガラス製で涼しさを演出する、夏らしい道具がそろっていた。軸は鵬雲斎。花は小ぶりの鉄線。お菓子は鼓月製。

続いて市バスに乗り、堀川通りを南下して楽美術館へ。
130816_111201
こちらでは「手のひらから生まれた形・樂茶碗」と題して、代々の樂吉左衛門が作ってきた茶碗を展示。ろくろを使わず、手捏ねと箆削りで作られた茶碗の特徴を解説してある。ここの展示品の解説文がとてもわかりやすくていい。まるで話しかけられているような気分になる。「親子で見る展覧会」とあるから子供向けなのだろうが、よくあるしちめんどくさい解説文でないからかな。
去年もしたが、今年もふいごをふかしてきました。結構力がいるのよね。

その後、押小路通までさらに南下して、喫茶「マドラグ」へ。ここは、あの「コロナ」の玉子サンドが食べられると噂の店(スイカ小太郎さんのブログで知りました。小太郎さん、ありがとうございます)。元々は老舗の喫茶店「セブン」だったのだが、店を閉めてしまい、その後に「マドラグ」が入ったというわけ。しかし、相変わらず「セブン」の看板がかかったままで店内もそのままらしい。なんともゆったりとした昔の喫茶店だ。
早速玉子サンドを注文する。出てきたのは…パンからはみ出さんばかりのもりもり厚焼き玉子!うひゃ~。ほのかにマスタードがきいていて玉子もジューシー。今となっては「コロナ」の玉子サンドの味もはっきりとは思い出せないが、お腹一杯で満足した。630円なり。
「コロナ」のマスターは元気かなあ…。

いつもとは違う、堀川通ぶらぶらでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350949/31786649

京都・堀川通ぶらぶらを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。