Amazonウィジェット

天気予報

  • 天気予報

    -天気予報コム-
Powered by Six Apart

2017年1月10日 (火)

ロシアフィギュアスケート選手権 女子シングル

Jスポーツです。実況は小林千鶴アナ、解説は岡部由紀子さん。

ショートから。
エレーナ・ラジオノワ。「ポーギーとベス」黒衣装。3Lz-3T、3Lo、2A。70.19。
エフゲーニャ・メドベデワ。「River flows in You」。水色衣装。3F-3T、3Lo、2A。ジャンプ後半固め跳び作戦で80.08。「やらなくてはならないことを確実にやっている」とは岡部さん。
アナスタシア・グバノワ。「白鳥」。白衣装。2A、3Lz-3T、1Lo。あらら、ループが・・・。63.34。
アリサ・フェデチキナ。「ロシアの踊り」。水色衣装。いきなり転倒したのでびっくりしたが、エレメンツの途中ではなかったので減点1で済んだ。2A、3Lz-3T、3Lo。63.96。
スタニスラバ・コンスタンティノワ。「白鳥の湖」。黒い衣装だから黒鳥ですね。3Lz-3T、3F着氷乱れ、2A。パワフルな滑りと岡部さん。68.34。
アンナ・ポゴリラヤ。「ポル・ウナ・カベーサ」。黒い衣装。3Lz-3T、3Lo、2A。コンビネーションジャンプのセカンドで回転不足を取られた模様。73.45。
マリア・ソツコワ。「バタフライズ・アー・フリー」。蝶々衣装。3Lz-3T、3F、2A。74.39。
ソフィア・サモデュロワ。「悲しみのクラウン」。青い衣装。3Lz-3T、3F、2A。初出場。しかも繰り上げで。お疲れさま。65.29。
エリザヴェータ・タクタミシュワ。「カルミナ・ブラーナ」。また以前のプログラムに戻してる。黒い半裸衣装。3T-3T、3Lz、2A着氷詰まる。69.17。全露選手権10回目の出場だそうです。道理で貫禄が…。そしてお誕生日を迎えたので20歳になったそうです。
アリーナ・ザギトワ。「サムソンとデリラ」。青い衣装。ジャンプ後半固め跳び作戦。3Lz-3Lo、3F、2A。74.26。

トップはメドベデワ。以下ソツコワ、ザギトワ、ポゴリラヤ、ラジオノワ。

 

フリー。
アナスタシア・グバノワ。「ロミオとジュリエット」。赤い衣装。中盤のコンビネーションジャンプのセカンドがシングルになったが、トリプルトリプルのコンビネーションジャンプが2本(3Lz-3T、3F-3T-2T)も入ったのよ!恐るべし。133.92でトータル197.26。
スタニスラバ・コンスタンティノワ。「シルクドソレイユ」。ストライプ衣装。2本目のジャンプがなぜか抜けてしまい、途中のループもシングルになるミス。しかし彼女もトリプルトリプルが2本(3Lz-3T、3F-1Lo-3S)ですよ!ひえ~。131.85でトータル200.19。
エレーナ・ラジオノワ。「トゥーランドット」。ピンク衣装。3F-3T、3Lz-1Lo-3Sとトリプルトリプル(3F-3T、3Lz-1Lo-3S)が2本…とんでもないレベルですね、ロシア選手権。着氷乱れるジャンプが複数あったが、根性でまとめた印象。岡部さんは「急に背が伸びたのにジャンプの下り方が以前と全く同じなので苦労していると思う」と解説。フィニッシュしてリンクに手をつくラジオノワ。泣いている…。139.05でトータル209.24。
アンナ・ポゴリラヤ。「モディリアーニ・スイーツ」。グレー衣装。彼女もトリプルトリプルが2本(3Lz-3T、3Lz-1Lo-3S)。3Fはエッジエラーを取られたようですが、142.17でトータル215.62。
エリザヴェータ・タクタミシュワ。「ペール・ギュント」。黒い衣装。最初の2Aは軽々跳んだのだが、3F、3Lzで転倒。「何かを気にして滑っているようだ」と岡部さん。125.35でトータル194.52。
エフゲーニャ・メドベデワ。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。グレーのグラデ衣装。ジャンプ構成は3F-3T、3Lz、3Lo、3F、2A-2T-2T、3S-3T-3T、2A。3Sからのコンビネーションはなぜか3Tが2本付いた。これでは2本目の3Tがノーカウントになるのだが、あえて彼女は跳んだらしい。「コーチをびっくりさせたかった」らしいです。余裕ですね。岡部さんもびっくり。153.49でトータル233.57。
マリア・ソツコワ。「アダージョ」。ピンク衣装。3Lz-3T、3F-1Lo-3Sと、トリプルトリプル2本。中盤のコンビネーションジャンプが1A-2Tになったのが残念。コリオシークエンスのスパイラルがステキ。145.51でトータル219.90。
アリーナ・ザギトワ。「ドン・キホーテ」。赤いチュチュ衣装。なんとジャンプは全て後半に!というわけでコリオシークエンスから始まるプログラム。衣装も音楽も私好みだわ。ちなみに構成は、3Lz-3Lo、2A-3T、3F-2T-2Lo、3Lz、3S、3F、2A。うひゃー。すごいわ、ノーミスよ!まだジュニアでしょ?恐れ入った!146.95でトータル221.21。

優勝はメドベデワ。2位はジュニアのザギトワ、3位はソツコワ

いやはや、ロシア女子のレベルの高さにはもうビックリ。しかも誰もかれもがバンバントリプルトリプルを跳んでくるのだから、恐れ入りました。ジュニア勢もとんでもない実力派ぞろい。ついにロシアが女子シングルに本気を出してきたわ。オリンピックが怖い。

 

2017年1月 9日 (月)

「鳴門秘帖」を読む(ネタバレあり)

吉川英治の代表作です。分厚いです。年末年始で忙しく、この度1か月かけてようやく読了。

幕府転覆を謀る阿波藩を探索するため隠密として潜入しようとする法月弦之丞、彼を慕う女スリのお綱、弦之丞の恋人お千絵、弦之丞の片腕となって働く目明しの万吉、阿波藩の悪い奴、お十夜孫兵衛・天堂一角・旅川周馬らが入り乱れる奇想天外の物語。
江戸で隠密屋敷が火事になる場面、木曽で孫兵衛らとの戦いの場面、阿波に潜入するための決死の場面などなど、吉川の筆が冴えわたり、講談を聞いているかのようなリズム感が心地よい。
どんなピンチもうまくかわして生き延びる弦之丞には「そんなんあり~?」と突っ込みまくった。絶対死なないのよね。
一方の敵方にもいろいろなドラマがあり、孫兵衛がお十夜頭巾を脱がない訳にはちょっとゾクッとした。杉本苑子の「傾く滝」はここからヒントを得たのかも。

結末はまあ大団円を迎える・・・のだが、お綱さんが・・・そんな結末ってあり?これはちょっと私としては納得できないわ。吉川英治、あんまりよ~。

 

ロシアフィギュアスケート選手権 ペア

Jスポーツです。実況は小林千鶴アナ、解説は岡部由紀子さん。

ショートから。
エリザベータ・シシューク&エゴール・ブリトワ。「ムーンリバー」。青い衣装。13歳と19歳ですって。リフトのポジションが独創的。ミラーのステップはユニゾンのごまかしか、と岡部さんの厳しい指摘。一体感が薄い。57.64。
アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コツロフスキー。「フラメンコ」黒と赤衣装。スピンが激しくずれまくる。60.77。
クセニア・ストルボワ&フョードル・クリモフ。「月の光」。スモーキーピンク衣装。珍しくしっとりとしたプログラム。なんと今大会が今季初の試合とか。にしては完成度が高い。77.47。
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。「Glam」。斬新なデザインの白衣装。冒頭から3Twは高く、3Tは余裕があった。3LoThも素晴らしい。よかったわ~。岡部さんによれば「今季は『見てもらうこと』を強化してきたようです」とのこと。80.04。
クリスティナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ。「愛しい人に」。赤い衣装。ドラマティックなプログラム。「とても上手になった」と岡部さん。特にスケーティングスキルがよくなったそうです。70.73。
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト。あれっ?ザビアコはラリオノフと組んでなかった?解散したの?いつの間に?そういえば、バザロワ組は出てないのね。「Snowstorm」。白い衣装。まずまず。組んだばかりでもうまいなあ。72.85。
マリサ・エフィモワ&アレクサンドル・コロヴィン。「Chilly Cha Cha」。赤い衣装。ステップからフィニッシュするのだが、なんか変な終わり方だった。岡部さんは「淡々と滑っていますね」と。63.69。
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。「All Alone」。紺色の衣装。3Twで下すのに失敗し、川口が転倒。これは痛い。最後のDSもスミルノフのピボットポジションが高すぎてレベル1…。67.52。
アナスタシア・ミーシナ&ウラディスラブ・ミルジエフ。「サラジナルンバ」。ストライプ衣装。ジュニアGPFで優勝したそうです。シニアは初参戦。3FThで転倒、トランジッションが丸々抜けてしまう。最終滑走にジュニアを見るのはきついなあ。62.80。

 

フリー。
アナスタシア・ミーシナ&ウラディスラブ・ミルジエフ。「アテンション」「バラ色の人生」。紫衣装。SBS3Sでミーシナが転倒、ミルジエフはダブルに。最後のスピンは「ダンスの(選手の)方がうまい」と岡部さん。115.46でトータル178.26。
アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コツロフスキー。「ジャスティフィケイション・オブ・ライフ」。白衣装。スピンがずれたぐらいで、あとは大きなミスはなく滑りきる。フィニッシュポーズがかわいい。118.24でトータル179.01。得点が出てうれしそう。
マリサ・エフィモワ&アレクサンドル・コロヴィン。「ワルツセレクション」。ピンク衣装。ジャンプはエフィモワにミス連発。SBSSpの距離が開き過ぎ。リフトのおろし方にもたつきが見られた。112.91でトータル176.60。エフィモワ怒ってる?
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。「月の光」。5年前にも滑ったプログラムだが刷新して再挑戦。ジャンプはソロもスローも川口の着氷が不安定。怪我が響いているのかも、と岡部さん。123.90でトータル191.42。「ロシアで愛されているペアです」と解説からの紹介。なんかうれしい。
クリスティナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ。「Dolls」「Storm」。オレンジのセパレート衣装。何か意味があるのだろうか、ロゴノフは髪をくくっている。ジャンプはアスタホワの着氷にミス。小芝居風味のコリオシークエンス。岡部さんは「オリジナリティある動きを入れて工夫している」と。128.06でトータル198.79。
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト。「Cry Me A River」。葉っぱ衣装。コンビネーションジャンプのファーストでザビアコが転倒。しかし後はうまくまとめてきた。最後の5Liではザビアコからの投げキッスが。129.06でトータル201.91.200点を超えた。
クセニア・ストルボワ&フョードル・クリモフ。「Rene Aubryセレクション」。黒い衣装。出てくるだけでもうプログラムの世界を構築している。音楽の印象といい振り付けといい、まさに現代美術のよう。Twのキャッチが乱れたり、スロージャンプの着氷が乱れたりとミスはあったが、もし完璧に滑りこまれたらと、このプログラムの全体像が気になってしまう。振り返りVTRに映るマキシム・トランコフさんの顔もこのプロのすごさを物語っているといえよう。142.65でトータル220.12。
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。「Music」。青い衣装。4Twは着氷が乱れた。続くジャンプはモロゾフにミス。SBSSpは息ぴったり!5Liのポジションが素晴らしい。空を飛んでいるみたい。更に3Liの入り方も素晴らしかった。この独創性。全体的に二人のキャラクターが際立ってきて持ち味の透明感がよく表れていた。成長してるわ~。139.15でトータル219.19。

優勝はストルボワ&クリモフ。2位はタラソワ&モロゾフ。3位はザビアコ&エンベルト。

ペアの技術の高さよ…。うらやましいわ。ペアならではの技も見ごたえたっぷり。楽しかった!

2017年1月 8日 (日)

松竹座 「壽初春大歌舞伎」を見る

八代目中村芝翫の襲名披露公演である。

170108_134601息子もそれぞれに橋之助、福之助、歌之助を襲名する。ダブルでもトリプルでもなくクワドラブル襲名。

170106_155101_2 お祝いの引幕は「芝翫香」より。それぞれの名前がモチーフになっているのだ。デザインは佐藤可士和。

6日・夜の部
鶴亀」坂田藤十郎と三息子の舞踏演目。まあ、どういうこともなく・・・一番下の息子が化粧のノリがいいわね。彼が一番役者っぽい。

口上」我當さんがいた・・・!お元気なのかしら。息子は元気そうだ。弥十郎が十八代目勘三郎に言及した時グッと来たわ。児太郎の「父もリハビリに努めております」にもホロリ。歌右衛門襲名を待ってるよ。って、誰の襲名なのよ。

勧進帳」芝翫襲名披露演目。三息子も出演。義経に魁春、富樫は仁左衛門さん。なのだが・・・激しく詰まらんかった!!こんな退屈な勧進帳は初めてだ!山伏問答も延年の舞もさらさらと終わっていって、気が付いたら跳び六方だった・・・信じられん。こんなに集中できなかったなんて、いったいどういうこと?おまけに跳び六方時に手拍子が起こって興ざめ。やめて!ライブじゃねーよっ!!

雁のたより」全然面白うなかった勧進帳の後だけに、上方芝居の軽さと緩さがいい感じ。亀鶴のお殿様がいいわ~。こういう役上手。鴈治郎は肥えすぎやね。上方の粋な男前って気がしない。児太郎はよかった。キュートなお局さまだった。孝太郎もあんまり為所はないけれど、存在感がいい。

 

8日・昼の部
吉例壽曽我」秀太郎が出てくると場が引き締まる。さすがですわ。三息子は…やはり末っ子が一押しよ。新悟がんばってた。

石切梶原」襲名披露演目。「勧進帳」よりずっとまし。児太郎かわいい。がんばって!橋之助もな。

新口村」仁左衛門さんよ~。孝太郎が梅川。最初は情感あふれる梅川と忠兵衛を、後半は嫁としての梅川と孫右衛門の切ないやり取りを、それぞれ味わいました。私が初めて見た歌舞伎は「新口村」。高校1年生でした。あれから30数年・・・月日のたつのは早いものです。子役を使っての遠見演出を久しぶりに見ました。

幕間には三田寛子がご贔屓さんに挨拶していたのを見た。大変だなあ。芝翫一人のみならず、海のものとも山のものともわからぬ三息子も同時襲名だなんて・・・お疲れさま。三息子はさらなる精進を。

 

2017年1月 2日 (月)

ロシアフィギュアスケート選手権 アイスダンス

Jスポーツです。実況は小林千鶴アナ、解説は東野章子さん。

今シーズンの課題はブルース、スイング、ヒップホップ。パターンダンスはミッドナイトブルース。これは決まったステップで半周した後、各自の自由なステップのパーシャルステップでもう半周。ショートダンスはこのほかに、ノットタッチドステップシークエンス、ツイズル、ショートリフトの各要素がある。

ショートダンス。
ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ。青い衣装。選んだのはブルースとスイング。組んで3年目でキャラクター色がはっきりしてきた印象。69.01。
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン。ステパノワは黒いセパレートパンツ衣装、ブキンは革ジャンです。ブルースとヒップホップを選択。スピード感あふれる演技。いいわ~、好きだわ~。こんなに良かったっけ?76.47。
エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ。ブルースとスイング。黒い衣装。SlLiが肩車でびっくり。よくもまあこんなポジションを考えつくもんだ。すべての要素がレベル4で81.40。
ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ。ブルースとスイング。青い衣装。スピード感がある。組んで3年目で余裕が出てきた印象、と東野さん。73.78。
ソフィア・エブドキモア&イゴール・バジン。ブルースとスイング。シニア1年目。低い姿勢のCuLiが印象的。60.85。
エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン。ブルースとスイング。紺色の衣装。なんだか微笑ましいカップルだわ~。東野さんが「彼らのダンスはハッピーダンス」とコメント。なるほどね、イリニフが機嫌よかったらそれでいい気がする。73.22。
マリア・スタビツカヤ&アンドレイ・バギン。ブルースとスイング。黒い衣装。ホールドが必須なパーシャルステップで手が離れてしまう。ツイズルもずれる。ゆりかごみたいなリフトが面白い。56.28。
バシリサ・ダハンコワ&アントン・シブネフ。ダハンコワはなんとモロゾフの新しい妻!!しかも今まではペアの選手だったのが今季からアイスダンスに転向したというのだ。びっくりカップルですよ。黒い衣装が多い中でダハンコワの赤い衣装が印象的だ。途中で男性が転倒したが、エレメンツの中ではなかったので減点1で済んだのは幸いだった。53.03。

フリーダンス。
コリオシークエンスとして、コリオリフト・コリオスピニングムーブメント・コリオツイズルの中から2つを選んで入れることになっている。そうだったのか。

リュドミラ・ソスニツカヤ&バーベル・ゴロビシュニコフ。「トスカ」。緑のドレスにベスト衣装。ショートダンスは放送なかったな。ツイズルで女性が失敗。75.47でトータル128.05。
ソフィア・エブドキモア&イゴール・バジン。「Hip Hip Chin Chin」。ピンクのドレスに黒衣装。調子の良い曲に合わせて勢いのある内容。しかし最後のコリオスピニングムーブメントとコリオリフトの区別がつかん。91.30でトータル152.15。
マリア・スタビツカヤ&アンドレイ・バギン。「プライドと偏見」より。すもーキーパープルドレス衣装。女性はツイズルが苦手のようです。最後のコリオシークエンスはリフトとスピニングムーブメントだったが、スピニングムーブメントがリフトと認定されるかもしれないと東野さんの解説。そうなるとスピニングムーブメントの分はノーバリュー。そして実際にそうでした…。82.95でトータル139.23。
バシリサ・ダハンコワ&アントン・シブネフ。「ロミオとジュリエット」。黒ドレス。昨季までペア選手だった女性がここまでできるとは…解説もびっくり。私もびっくりだわ。ロシア選手のポテンシャルの高さよ。86.41でトータル139.44。
ステファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ。「ボヘミアン・ラプソディー」。グラデーション衣装。CuLiのポジションが驚異的。フィニッシュして泣くザホルスキー。100.45でトータル169.46。
エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン。「スラムドッグ・ミリオネア」。インド衣装。躍動感あるプログラム。音楽もにぎやかでいいわ~。キャラが出ていてよかったと東野さん。まさしくハッピーダンス。コスチュームの一部が落下して1点減点がもったいない。105.06でトータル178.28。
ビクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ。「タンゴ・バレエ」。赤いドレス。最初はスピンだが、キャメルポジションが微妙だと東野さん。それってレベルが上がらないってことですか?DStでもチョクトーターンがジャンプになってしまう傾向がありカウントされないと東野さん。このレベルになると、小さなミスが命取りになるのね。取りこぼしがもったいない。104.67でトータル178.45。
エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ。「前奏曲20番」「四季」。黒いドレスと白カットソー衣装。RoLiのポジションに口あんぐり!しゃちほこですよ!!ツイズルもぴったりだし、今季は気迫がビンビン伝わるわ~。すてき!!昨季はドーピング騒動でせっかくのワールドを欠場せざるをえなくなってしまったから挽回の気持ちが大きいのかも。ルソーの絵のようなカップルだわ。ジワが来た!115.86でトータル197.26。
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン。「タンゴセレクション」。赤いドレス。いきなりスピンだが、こちらの斬新なポジションがすごい!いきなりハートわしづかみよ。リフトを続けて2本決めた後に、シットポジションのツイズルが来たー!!ここぞというところで入れてくるから感動したわ。盛り上がること!このカップルの持ち味であるスピード感が存分に表れたプログラムだった。素晴らしい!ハラショー!フィニッシュしてガッツポーズのブキン。そうでしょうそうでしょう、分かるわその気持ち。113.07でトータル189.54。おお!

優勝はボブロワ&ソロビエフ。2位はステパノワ&ブキン。3位はシニツィナ&カツァラポフ。

ついにステパノワ&ブキンが2位になりましたよ!五輪のプレシーズンにこの成績、モチベーションも高まるよね。こんなに素敵なカップルだったっけ?と思うばかりの成長ぶり。これからに期待大!

全日本選手権大会 女子シングル・フリー

実況は西岡アナ、解説は荒川静香。

白岩優奈。「ナイトワルツ」。エメラルドグリーンキラキラ衣装。ショートのミスを払拭できるか…と言うところだが、これがなんとパーフェクト!!3Lz-3T、3F-3Tと、素晴らしいコンビネーションジャンプが決まった上に、ジャンプはすべてクリーンに降りることができた。よかったよかった。131.07でトータル185.37。

第3グループ。
大庭雅。「ナルニア国物語」より。赤いゴージャス衣装。ショートとはがらりと雰囲気が変わったプログラム。2A-3Tの高さが素晴らしい。もう3Aには挑戦しないのかなあ。久しぶりにテレビで見ることができてなんだか嬉しかった。106.26でトータル165.45。
村上佳菜子。「トスカ」。黒い衣装は新しいのか。衣装持ちですね。相変わらずのルッツ抜きプログラム。更に3Fは1本、コンビネーションも3Sや3Tからと難度を下げてきたのだがジャンプは安定していて、それだけに情感も良く伝わった。撃たれて赤い布が出てきたのには笑ったが。でもステキだった。124.03でトータル182.55。涙涙の村上。
鈴木沙弥。「ウエストサイドストーリー」。赤い衣装。振り付けは鈴木明子。冒頭に2A-3T-2T、中盤にも2A-3Tを跳んでノーミス演技!素晴らしい出来だ。120.35でトータル180.41。
浅田真央。「リチュアルダンス」。赤いレース衣装。冒頭の3Aは転倒。続くコンビネーションは3F-3Lo!ついに入った!美しいスパイラルのコリオシークエンス、2A-3Tまでは調子よかったのだが、次の3Sで転倒・・・。そうなるとフリップがシングルになり得点源の三連続につながらなくなった。最後の3Loに2Tでもつけてリカバリーできないものか…。転倒2回は痛いミス。114.10でトータル174.42。はあ…。
松田悠良。「スパニッシュ・キャラバン」。色々衣装。冒頭2A-3T-3Loは見ごたえあるジャンプ。コリオシークエンスのスパイラルがきれい。やっぱりスパイラルは復活してほしいエレメンツだわ。フィニッシュして泣く松田。よかったよ!118.64でトータル180.27。

第4グループ。
本田真凛。「ロミオとジュリエット」。振り付けはジェフリー・バトル。ピンク衣装。2本目のフリップがシングルになったがその後のジャンプは全てきれいに決まり、128.59の高得点。トータル196.11。なんと暫定トップ!
三原舞依。「シンデレラ」。佐藤有香さん振り付け。ペパーミントグリーン衣装。3Lz-3Tから始まって、ジャンプはすべてオッケー。パーフェクトだ!ハラショー!去年の今頃は入院中でベッドの上で全日本の中継を見ていたというのに…フィニッシュしてこみあげてくるものがあったのだろう、泣いている。泣いてるよ~。132.26でトータル198.17。トップは三原に。
坂本花織。「カラーパープル」より。紫衣装。振り付けはマッシモ・スカリ。3F-3Tから始まり、調子よく進んでいたのだが最後のジャンプ3Loで転倒!残念。120.64でトータル184.00。
宮原知子。「惑星」。白い衣装。2本目のコンビネーションジャンプのセカンドがステップアウトになったのでヒヤリとしたが、その後は安定していた。中盤の3Lz-2T-2Lo、2A-3Tが効果的。スピンの速度も速い速い。138.38でトータル214.87。トップに躍り出た。
樋口新葉。「シェヘラザード」。振り付けはこれまたスカリ。赤い衣装。3Lz-3Tが2本入るのがすごい。3Sでの転倒が残念だが、彼女の持つダイナミックさとスピードはよく伝わったと思う。130.75でトータル199.49。「(200点まで)あと1点もない~」に笑う。宮原には届かず。
本郷理華。「リバーダンス」。黒いキラキラ衣装。プログラムを昨季のものに戻してきた。「アラビアのロレンス」はもっさりプロだっただけに「リバーダンス」に戻ったのは良かったような気ばするが、果たして吉と出るか凶と出るか。冒頭は3F、2本目のループはダブルに。中盤2A-3T-2Tが入ったのは根性だと思ったが、最後の3Sにも3Tをつけてきたのには恐れ入った。「やったやん!」と思わず涙が出た。フィニッシュして泣く本郷。この涙は…。しかし得点は125.08でトータル194.28。うーん。

優勝は宮原。2位は樋口、3位は三原。全員が10代のフレッシュな表彰台となった。

世代交代がはっきりと出た試合だったと思う。来年はどんな全日本になるのだろう。今からハラハラする。

2016年12月25日 (日)

全日本選手権大会 男子シングル・フリー

実況は中村アナ、解説は本田武史。

島田高志郎。「ロミオとジュリエット」。青い衣装。編曲がまるで羽生のニースワールドロミオを思い出させます。内容はパーフェクト!今できることをすべてできた、という感じ。ガッツポーズも出て、会場もスタオベ。よかったよかった。137.52でトータル200.18。200点を超えて大喜びのキスクラ。
中村優。「ムーランルージュ」。バトルの振り付けよ。赤シャツに黒ベスト衣装。冒頭の3Aステップアウト、2回目の3Aは2Aにしてきたようだ。そのすぐ後の3Lzで転倒。4回転がない分、3Aは確実に跳んでおきたかったろう。曲はよく似合っていた。こういう路線もありかと。135.20でトータル202.16。
鈴木潤。「ニューシネマパラダイス」。ベスト衣装。ショートに引き続き佐藤有香さん振り付け。冒頭の3A転倒。3Loも転倒。その後もちょこちょこミスが出て残念。アナ「スケートへの愛を表現します」って気持ち悪い。終盤イーグルがたっぷり入るのがステキ。さすが有香さんの振り付けだ。111.37でトータル177.54。

最終グループ。
佐藤洸彬。「セビリアの理髪師」。赤いジャケット衣装。冒頭の3A-2Tは高さがあってよかったのだが、セカンドでお手付きしてしまったのが響いたのか、その後のジャンプで着氷ミスが続き、何とも精彩を欠くことになってしまった。ステップの表現は楽しくて彼らしさが出ていたと思う。120.69でトータル192.70。
日野龍樹。「キダム」。紫衣装。冒頭からコンビネーションジャンプ炸裂(笑)。3Lz-1Lo-3S、3Lz-3T、3A-2Tだ!中盤の3Aでの転倒が惜しい。でも、今までの龍樹とは違う、アグレッシブな滑りになっていたよ。NHK杯のおかげかなあ。よかった。よかった!151.66でトータル230.31。おお、暫定1位よ!インタビューまである~。うれしい~。
友野一希。「パリのアメリカ人」。シルバーベストにピンクのネクタイ衣装。冒頭4Sが決まった!そして3Aも着氷。中盤の3A-2Tも成功して驚いていたら、後半のサルコウがダブルになってしまった。おそらくここはコンビネーションになる予定だったのでは?しかし全体的に見ればノーミスでフィニッシュだ。ハラショー!さすがジュニアチャンピオン。明るいキャラもいいわ。148.92でトータル216.55。
田中刑事。「フェデリコフェリーニ・メドレー」。ストライプシャツ衣装。冒頭4S決まった。しかし2本目はトリプルに。続く3Aも両足で着氷しダブルになってしまう。だが後半になるにつれて調子を取り戻し、コンビネーションジャンプのリカバリーもできた。まずまずの出来。163.70でトータル249.38。表彰台確定だ。
無良崇人。「ピアノ協奏曲第2番」。カメレオン衣装。冒頭から4T、4T-2T、3Aと調子よかったのに…力が入りすぎたそうです。最後のルッツはなんとダブル。思わず「なんでやねん!」と突っ込んでいましたわ。コリオのステップはさすがチャーリー振付と思わせるいい出来でした。は~、せっかくのチャンスを生かせないのねん。151.77でトータル242.11。アナ「これが無良崇人です」って・・・ダメダメじゃん!!
宇野昌磨。「ブエノスアイレス午前零時」ほか。黒と赤の衣装。山田コーチが「負けんな!」と発破をかける。冒頭は4Fだがステップアウト、続く4Tもオーバーターン。中盤の3Aもソロジャンプで、コンビネーションジャンプが前半全く入らない構成に。どうするのかとひやひやしていたら、2本目の4Tもリピートジャンプになってしまう。うひゃー。すると・・・ここが昌磨の強いところ。3Lz-2T、3A-1Lo-3F、3S-3Tと残りのジャンプをすべて見事にコンビネーションにしてきたのだ!よくやった!おばちゃん感動した。フィニッシュして泣く昌磨。後ほどのインタビューで「練習してきたことは無駄じゃなかった。嬉し泣きです」と言ったとか。そうか、嬉しい涙だったのね。よかった、よかったよ~!192.36でトータル280.41。

優勝は逆転の宇野。2位は田中。3位は無良。日野が4位に入った!ジュニアの友野が5位。

はあ。最後まで気が抜けない試合でした。見ごたえあり…とはいえ、最終グループでもミス演技が続き、そこが残念。ここに村上大介や山本草太がいたら、また違った結果になったでしょうねえ。
世界選手権の代表には誰が選ばれるのかしらん。ちょっとドキドキ。できれば、日野も四大陸あたりに派遣してもらえないでしょうか。

 

全日本選手権大会 女子シングル・ショート

時間が来たらいきなり白岩優奈のキスクラ画像が…まさかライブ…?じゃないよね。

その白岩、どうやらミスが出たよう。手袋がエッジに引っかかって脱げ落ちてしまったとか。気の毒。

実況は西岡アナ、解説は荒川静香。

第3グループの途中から。
大庭雅。「ミッション」。茶色?オレンジ色?の衣装。安藤美姫振り付けですって。3S-3T、3Lo、2A。まあ、振付師に似るということがあるのかどうか知らないが、まるで安藤が滑っているようだった。助走が短いのもポイント。59.19。
滝野莉子。「火の鳥」。赤い衣装。3F-3T、3Lz、2A。若々しいけれど、しっかり取りを表現できていたのが頼もしい。織田君のところの生徒さんです。お辞儀もステキ。59.13。
鈴木沙弥。「チャルダッシュ」。緑色の衣装に花模様の刺繍がかわいい!衣装加点!3Lz-3T、3Lo、2A。これまたフレッシュな滑りで勢いがあった。60.06の高得点に大喜びのキスクラ。

第4グループ。
本郷理華。「カルミナ・ブラーナ」。赤いキャミソール衣装。3F、3T-3T、2A。今日の理華は気迫が違う。ものすごく気合が入っていた。素敵!69.20。
宮原知子。「ラ・ボエーム」。水色衣装。2A、3Lz-3T、3Lo。落ち着いてじっくりと滑ることができたと思う。端正な滑りに拍手。しかしカメラワークがひどすぎる!76.49の高得点。
松田悠良。「ピアノ・レッスン」。黒いパフスリーブ衣装。2A、3Lo-3Lo、3F。ループのコンビネーションジャンプは回転不足を取られたが、チャレンジ精神がgood。61.63。
木原万梨子。「幻想曲さくらさくら」。ピンクの衣装。3T両足着氷、3Lo-2Tリカバリー、2A。カナダに拠点を移したそうです。50.44。
樋口新葉。「ラ・カリファ」より。青と黄色のグラデ衣装。2A、3Lz-3T、3F。いいところが全部出た感じ。パーフェクト。68.74。
村上佳菜子。「カルメン」。えんじ色の衣装は新しいのかな。3T-3T、1F、2A。フリップどうしたの…?前半は表情が硬かったが、後半になってようやく佳菜子らしさが出てきた感じ。58.52。

第5グループ。
三原舞依。「序奏とロンド・カプリチオーソ」。青い衣装。3Lz-3T、2A、3F。おお、これも良い出来!65.91。カメラワークがひどい。酔いそう。
新田谷凛。「恋のアランフェス」。黒い衣装。2F転倒、3T-3Tリカバリー、2A。冒頭のジャンプ転倒を次のジャンプでしっかりリカバリーできたのはよかった。鈴木明子振り付け。54.31。
本田真凛。「スマイル」。ピンク衣装。3F-3T、3Lo、2A。途中のFCaSpでぐらついたのにヒヤリとしたが、きれいにまとめてきた。よい出来だ。67.52。インタビュー長すぎるわ。
永井優香。「バイオリンと管弦楽のためのファンタジア」。紫色の衣装。3Sターンが入って-2T、3Lo、2A。最後のCaSpでバランスが危うかった。フィニッシュして泣きじゃくる永井。関コーチがカナダに行くことになり師弟関係を解消することになったとか。最後の全日本、いい演技で送り出したかったろうに。フリーでがんばれ。
廣谷帆香。「ティコティコ」。青い水玉衣装。3T-3T、3Lzオーバーターン、2A。RSpのポジションがきれい。放送あってよかった!せっかくの最終グループだもんね。53.50。
浅田真央。「リチュアルダンス」。黒衣装。今日はポニーテール。妹「フリーとのキャラ分けね」。1A、3F-2Lo、3Lo。アクセルはすっぽ抜けてしまったが、3Aに挑戦してきた!フリップで回転不足を取られた模様。ステップの密度が素晴らしい。66.32。

トップは宮原。以下、本郷、樋口、本田、三原、坂本。ジュニア女王の坂本花織が最終グループ入り。浅田は8位。

最終グループにジュニア勢が2人入って、レベルの高い試合が期待できそう。浅田も頑張れ。

2016年12月23日 (金)

全日本選手権大会 男子シングル・ショート

久しぶりに大阪で行われる全日本選手権。長男二男に頼んでチケットを申し込んだが、全て落選…。テレビでしっかり見よう!

実況は中村アナ、解説は本田武史。

友野一希。「運命」。3F-2T、3Lo、2A。ステップから曲がモダンアレンジになっちゃった。演技はさすがジュニアチャンピオン、安定していた。67.63。
山田耕新。「真夏のカルメン」。紫の上着衣装。3T-3T、3Lz、2A。滑る銀行員。今年も出場できた、おめでとう!51.16。

ここからライブ中継です。よし!

第3グループ。
須本光希。「雨に唄えば」。グレーのベスト衣装。2A、3Lz-3T、3F。大西コーチだ~。60.97。
三宅星南。「キャラバン」。黄色いジャケット衣装。3A転倒、3Lz-3T、3Lo。最後までスピードがあった。なんというか、妙な色気のある子(いい意味で)ですね。なんだか注目したいかも。61.96。
島田高志郎。「アートオンアイス」。白い上着衣装。3Lz、3Lo-2T、2A。ルッツがソロジャンプになったのをループでリカバリー。ジュニアだったらできない(3Loが必須要素だから)リカバリーでした。62.66。
鎌田英嗣。「禿山の一夜」。黒と赤の蜘蛛の巣衣装。2A、3T-3T、2Lz。コンビネーションジャンプがきれいに入ったと思ったらソロジャンプがダブルに。残念。スピンがとても上手。59.53。
鎌田詩音。「ルパン三世のテーマ」。ルパンのジャケット衣装。なんとルパンのセリフ入り曲。3F転倒、2Lz、2A。小芝居も入ってプログラムとしては楽しいけれど、ジャンプが決まらないと…。39.81。ちなみに先に出た鎌田英嗣とは兄弟ではありません。
本田宏樹。「ブエノスアイレス」。赤と黒の模様衣装。初出場で緊張気味。落ち着いて!3S-2T、3Lz転倒、2A。ステップはよく滑ってますと解説の本田。49.23。

第4グループ。
川原星。「タンゴ・デ・ロス・エクシラドス」。黒と赤衣装。3A、2Lo、3Lz-2T。ループ…。ステップはタンゴぽくてよかった。宮本賢二の振り付け。60.47。
鈴木潤。「ディメンティア」。黒のキラキラ衣装。3A、3F-3T、3Lz。ステップでは笑顔が見えた。ジャンプがすべて決まってホッとしたんだろうな。佐藤有香さんの振り付け。66.17。
宇野昌磨。「バイオリンと管弦楽のためのファンタジー」。ラベンダー衣装。4Fステップアウト、4T転倒、3A。気負いすぎたか?珍しく転倒。88.05。
無良崇人。「ファルーカ」。白に黒のピラピラ衣装。4T、高さのある3A、3Lz-3T。ステップが盛り上がった!ハラショー!いつもこんなだったらいいのに…。90.34。
佐藤洸彬。「トーテム」。緑と紫色の衣装。妹「こんな色、佐藤君にしか着こなせないわ」。3A、3F-3T、3Lz。ステップがいい。「何かわからない生き物になりなさい」と振付師にいわれたとかで、ユニークな表現になっていたと思う。本当に個性的な選手だわ。72.01。
吉野晃平。「A Thousand Years」。青いシャツ衣装。3Lz転倒、3F-2T、2A。本田武史に感謝を込めて滑るそうです。関西大学の4年生。スケートはここまでなんだろうなあ。55.23。

第5グループ。
日野龍樹。「アルメニアン・ラプソディ」。黒い衣装。3Lz-3T、3A、3Lo。龍樹比で素晴らしい出来!!ハラショー演技だ!会場もスタオベ・・・納得よ!78.66。微笑みかけられたジャッジ、うらやましい…!
佐上凌。「シルクドソレイユ」。昨年はフリーに進めなかったそうで、猛練習してきたそうです。3Lz-3T、3F転倒、2Aステップアウト。53.27。
本田太一。「コットン・アイ・ジョー」。ウエスタン衣装。3F、3T-3T、2A。なかなか良い出来。最後になってスタミナが落ちてきたような印象だが、はつらつとした滑りでよかった。63.87。ずいぶん大人っぽくなったわねえ。
田中刑事。「ブエノスアイレスの春」。黒と赤の衣装。4Sステップアウト、3A、3F-3T。ステップが…いい!妖しさを感じさせるわ~と思っていたら、ナビゲーターの高橋も同じようなことを言っていた。NHK杯の表彰台乗りがいい経験になったのね。スタオベの会場。85.68。
中野耀司。「ティコティコ」。鮮やかなピンクシャツ衣装。3A転倒、3T-3T、3S。曲の持つ楽しい雰囲気を表現できていた。60.25。
中村優。「フィーリン・グッド」。モノトーンシャツ衣装。3A、3Lz-3T着氷乱れる、3Loステップアウト。フィニッシュがかっこいい。振り付けも随所でこじゃれてていい感じなのだが、ジャンプがもったいない。スピンでよろめいたのも残念。66.96。

トップは無良、以下宇野、田中、日野、佐藤、友野、中村、鈴木、本田、島田。
私としては、龍樹が最終グループで滑ることに感激!嬉しい…。生きていてよかった。誰が優勝しても初優勝、みんなにチャンスがある。フレッシュな面々で見ているこちらも清々しい気分。フリーも楽しみだ。

羽生はインフルエンザで欠場。そういえば、村上大介も出ていないのだ。それはそれで寂しいなあ。

ライブ中継は変なバックパス中継もなく、サクサク進んでいいわ~。
チケットが取れなかったのは悲しいが、テレビ前の特等席ということで我慢我慢。なのに、空席があるのってどういうこと?!私に回してよっ!!

2016年12月18日 (日)

「真田丸」最終回

はあ・・・。

終わってしまいましたね。長い長い一年間だったけれど、このドラマはあっという間に終わってしまったような気がします。春先に真田丸を探しに行ったことや、夏には「真田丸」展を見に行ったこと大阪城の櫓探訪などなど、自分の一年間をも振り返ってしまいました。

ドラマでは三十郎の姿に涙し、佐助の年齢に驚き(私より年上?)、きりちゃんの行く末を心配し・・・。大阪城のその後や毛利様、明石さんたちのことも気になるけれど、信繁の人生を描くという点では、彼の死で終わるのがよいのかも。

久しぶりに完走した大河ドラマ。最近見たのはなんだったっけ?「新選組!」だったか。
来年は…見ないような気がする。